小口川軌道(水口建設資材運搬線)リベンジ編 其の2
冬季歩道,有峰林道,トンネル,隧道
5時52分。料金所方を見る。奧は「小口川第2トンネル」。右のコンクリ壁は冬季歩道。
この付近で、有峰湖方からやって来たパトロール車とすれ違いました。おそらく、料金所のおっちゃんに「異常なし!」と報告して開門になるのでしょう。いわゆる“始業前点検”ってやつですね。
何気なく冬季歩道の“銃眼”を覗いたら、名もなき兵士と目と目が合ってしまった。こえー! もち冗談〜っす!
小口川ダム,有峰林道,小口川線
5時52分。上写真付近から小口川ダムを望む。
小口川ダム,有峰林道,小口川線
6時1分。少し進んで再び小口川ダムを望む。
この付近で、複数の車の音が聞こえて来ました。どうやら開門になったようです。今までのように道の真ん中を歩くことができなくなりました。これからは路肩をてくてく歩くことにします。
有峰第二発電所,有峰林道,小口川ダム,北陸電力
6時1分。上写真から左を見る。「北陸電力・有峰第二発電所」。
有峰林道,トンネル,隧道
6時1分。上写真から左を見る。「小口川第3トンネル」。ここには信号はありません。早い者勝ちです。
車の爆音が近づいてきました。このまま進むと、トンネル内で追い越されそうなので、ここで待ちます。我々のモットーは「安全第一」だし。ほどなくして先頭車が見えてきました。やはりここで待ったのは正解でしたね。
先頭は……グスタフ衛士長(byルパン三世カリオストロの城)! いや、違う。出発前に開門待ちしていた古参兵殿運転の車。その後ろには6、7台連なっていました。出発時、この古参兵殿に「追いついたらぜひ乗せてクダサイね」と、冗談とも本気ともつかない言葉を投げかけたのだが(オイラは本気のつもりだった。古参兵殿はスマイル0円のみ)、追い越しの瞬間、手を挙げただけで、やはり停まってはくれなかった。まぁ、こんなもんでしょう。
ここでシャアが一言→
「坊やだからさ」
現在地

より大きな地図で 有峰林道小口川線・小口川第3トンネル を表示
有峰林道,トンネル,隧道
6時6分。有峰湖側。延長106メートル。
車が途切れたのを見計らって足早に抜けました。この後も数分おきにやってきましたが、ほとんどが有峰湖方面に向かっていました。料金所方面に向かう車は来なかったと記憶してます。が、最近忘れっぽくなっているので間違っているカモしれません。

当サイトに掲載の画像・文章の無断複製及び転載、引用は固くお断り。
Copyright©2000-2015 Taro Bouzuiwa, All Rights Reserved.

No reproduction or republication without written permission.
BACKボタン
NEXTボタン