冬季歩道,有峰林道,トンネル,隧道
7時35分。索道上部。
ついに到着っす! 幸いにも(?)半べそかかずに登り切れました。登山口から休憩込みで52分。“最遅”記録達成か。普通の人でも30〜40分、早い人なら30分を切るとか。
小口川ダム,有峰林道,小口川線
索道下部を望む(望遠)。白っぽく光ってるのは「有峰林道」。
小口川ダム,有峰林道,小口川線
スペースがないので、ちょっと撮りづらい。
有峰第二発電所,有峰林道,小口川ダム,北陸電力
上写真と同位置。 写真提供:H.T氏 撮影日:1977年8月29日
有峰林道,トンネル,隧道
別角度から。 写真提供:H.T氏 撮影日:1977年8月29日
H.T氏はこれに乗って下山(往きは登山道)。
以下、氏の撮影日誌より、
「...途中で北陸電力の人(4人)を乗せてロープ(註:索道)まで。4人は下へ降りて行ったが我々3人はロープで下りることにする。これが資材用で、人は乗せるなと書いてあるが乗せてもらう。板が渡してあるのみの上に4人が乗り、ロープにつかまり立ったまま降りる。最初は下(註:地面)まで低かったが、最後の方で高さ数十メートルになり、下を見ると恐ろしくまいる。途中から雨がポツポツとなり、いやあ恐ろしい...」
1977年というと、木曾・王滝村ではまだ関西電力の列車が動いていますね。

当サイトに掲載の画像・文章の無断複製及び転載、引用は固くお断り。
Copyright©2000-2018 Taro Bouzuiwa, All Rights Reserved.

No reproduction or republication without written permission.
BACKボタン
NEXTボタン