木曽森林鉄道,林鉄,林道


● 路線(林道)名について
基本的に正式名称を使用していますが、当然不明な場合もあります(つか、ほとんど不明)。その場合は当方の勝手な判断で、軌道沿いの谷・川・沢・地籍・地名といった便宜的名称(通称など)を使用している場合があります。
また、2級線・作業軌道・山トロ軌道といった区分も厳密ではない場合がございます。
※鉄2→(森林)鉄道2級線
※鉄1→(森林)鉄道1級線
● 区間について
これも上記と同じですね。なお、起点名が不明な場合は「起点」。終点名が不明な場合は「終点」。起点及び終点が全く不明で「●●谷に軌道が存在する」といった場合は【●●谷】とだけ記載してます。
● 遡行状況について
完了
軌道敷き(道床)を、完璧にトレースしたらこれがつきます。
※トンネル崩落、橋梁崩落及び現存してても渡れない橋梁に大崩落など、物理的にトレースが不可能な所は除く
終了
土砂災害及びダム建設等により物理的にトレースが不可能な場合で、遡行を完結(終了)した所など。
※例:王滝・三浦ダム以遠の旧線。土石流の影響で地形そのものが変化してる王滝・濁川線など
一部未遡行
リーチ一発ツモな所。
一部遡行
おさわり程度か、リーチするにゃ程遠い距離を残している場合など。
未遡行
訪れたことがない所。
未確認
事実関係(あるのか、ないのか)がイマイチはっきりしない場合など。妄想アリ。
● 難易度について
黒星(★)の数が多いほど難易度は高い。これは当方を基準(BESTな状態時で/時季・天候・体力・体調などが)としたものです。個々の技量等によっては、難易度はもっと高くもなるし低くもなる。なお、赤星()は超難関(ハラハラドキドキ)です。一般の方は近寄らない方が無難でちゅ。
※道床に取り付くまでのアルバイト(林道歩きなど)は含みません
※全体的には易しくても、1箇所でも割と危険な場所がある、といった場合はやや高めている
※おさわり程度しか遡行してない場合は、その部分だけの難易度です
※未遡行で記載してる場合は、書籍&ネット&知人等から情報を得ています
● 最終更新日について
リニューアル(2003/08/11)によってリセットしてます。当たり障りのない小更新は日付のクリアをしません。
■ Special Thanks
民宿「滝越屋」のおばあちゃん(故人)
王滝村滝越地区の人々
赤沢自然休養林・赤沢森林鉄道の人々
上松町公民館
小学校からの友人/N氏
缶ビール2本&昼食提供/金木戸の釣り師
トレインバナー/H.Kuma氏(Rail & Bikes)
写真提供/Uncle Fuku氏
情報・資料・写真提供/ワル沢氏
情報・資料提供/J54A氏
情報・資料提供/TOMO氏
情報・資料提供/はたちゅう氏
情報提供/飛騨古川駐在員
某営林署/Oさん、Kさん
写真提供/酒井助六氏
情報・資料提供/MATSU氏
情報・資料提供/I氏
情報・資料提供/かふん氏
情報・資料提供/上松町観光協会
写真提供/S.Hiramatsu氏
写真提供/わさび様
写真提供/琥珀氏
写真提供/U太氏
写真提供/H.T氏
写真提供/源太郎氏
情報提供/去来荘
情報提供/三浦孝之氏
資料提供/薮原営林署
資料提供/王滝営林署
資料提供/小坂営林署
資料提供/神岡営林署
資料提供/王滝村教育委員会
資料提供/長野営林局
写真・資料提供/北市正弘氏
◆歩行上の注意!
当方は現役時代を全く知りませんし、また、資料が乏しいのと一個人に於いての情報収集には限度がある関係上、記載内容(本文含む)に関しての正確性は保証できませんので、丸ごと鵜呑みにして、お友達などに『嘘つき』呼ばわりされても当方では一切の責任を負えない事を予めご承知おき下さい。
◆写真提供求ム!
林鉄系写真を募集しております。時系列(現在〜過去)、場所、発表・未発表全く問いません。
ご提供くださる方は、トップページの“コンタクト”よりご連絡下さい。お待ちしております。

当サイトに掲載の画像・文章の無断複製及び転載、引用は固くお断り。
Copyright©2000-2017 Taro Bouzuiwa, All Rights Reserved.

No reproduction or republication without written permission.
ホームボタン