117
小島停車場
ボタン
木曽森林鉄道王滝線,林鉄,廃線跡,小島停車場,軌道跡,上松運輸営林署
前ページのすぐ先。
2006年4月下旬撮影@ワル沢氏
118
小島停車場
木曽森林鉄道王滝線,林鉄,廃線跡,小島停車場,軌道跡,構内
上写真付近から上松方を見る。
2006年4月下旬撮影
119
小島停車場
木曽森林鉄道王滝線,林鉄,廃線跡,小島停車場,軌道跡,風景
引いて。
2006年4月下旬撮影@ワル沢氏
120
小島停車場
木曽森林鉄道王滝線,林鉄,廃線跡,小島停車場,軌道跡,レール柵
[写真117]のすぐ先。
2006年4月下旬撮影
121
小島停車場
木曽森林鉄道王滝線,林鉄,廃線跡,小島停車場,ポイント,分岐
上写真から上松方を見る。本谷側のポイント部と思われる。上松側のポイント部にもレール柵があった。
2006年4月下旬撮影
122
小島停車場
木曽森林鉄道王滝線,林鉄,廃線跡,小島停車場,王滝川中州土場側線,引込線
上写真の左。矢印は、王滝川中州土場側線。

この側線および当停車場について、2016(平成28)年6月8日に木曽福島の御料館 (旧帝室林野局木曽支局庁舎)にて行われた「平成28年度 第2回木曽学講座 - 木曽町の森林鉄道について - 」の資料に記述があったので紹介したい(一部抜粋)。なお、当方は受講していません。

■起点問題が決着すると三岳村内は民有地を走ることになることから大正8年に三岳村と帝室林野局の間で停車場等の用地提供の交渉が始まり、村が地主から土地を買収して帝室林野局へ無償提供する形で沼・小島・大島の停車場の設置が実現し沼から対岸の日向の県道に出る三尾橋も架設された...

■沼停車場は開通と同時に河原に繋がる引込線が敷設されて小谷狩による木材の引き上げ場所として利用されていた。

■小島停車場も開通と共に河原に出る引込線が敷設されて王滝川の小谷狩の木材は広い河原に引き上げられて沼に代わって上松への林鉄輸送の中継基地となっていたが、一部の木材は林鉄のみならず小島橋を経由しての運送馬車などによって県道を陸送されていたもようである。これにより小島より下流の王滝川での小谷狩は廃止された。
2006年4月下旬撮影
123
小島停車場
木曽森林鉄道王滝線,林鉄,廃線跡,小島停車場,王滝川中州土場側線,引込線
[写真121]から引いて。左下は王滝川中州土場側線。この路盤はちょい行ったところで自然消滅している。
2006年4月下旬撮影@ワル沢氏
124
小島停車場
木曽森林鉄道王滝線,林鉄,廃線跡,小島停車場,上松運輸営林署,王滝林道
さらに引いて。
2006年4月下旬撮影@ワル沢氏
------- 王滝森林鉄道本線3 END -------
王滝森林鉄道路線図

Copyright©2000-2018 Taro Bouzuiwa, All Rights Reserved.
No reproduction or republication without written permission.
HOMYボタン
INDEXボタン
BACKボタン
NEXTボタン