05
崩沢橋梁ー大鹿
ボタン
崩沢橋梁ー大鹿
前ページのすぐ先。道床は複線分ある。椎茸栽培をしていたのだろうかね。遠くからだと桟橋の残骸に見える(病気?)。
06
崩沢橋梁ー大鹿
崩沢橋梁ー大鹿
上記から上松方を見る。
07
崩沢橋梁ー大鹿
崩沢橋梁ー大鹿
上記のすぐ先。そこそこ長い複線分区間。3線はあったような感じ。
08
崩沢橋梁ー大鹿
崩沢橋梁ー大鹿
上記道床にレールが散乱している。ポイント部のモノもあった。ただ、先端が意図的に曲げてあるモノばかりなので、何かに使用するつもりだったのカモしれない。
09
崩沢橋梁ー大鹿
崩沢橋梁ー大鹿
防護柵。
10
崩沢橋梁ー大鹿
崩沢橋梁ー大鹿
大鹿側から見る。
王滝森林鉄道路線図

当サイトに掲載の画像・文章の無断複製及び転載、引用は固くお断り。
Copyright©2000-2014 Taro Bouzuiwa, All Rights Reserved.

No reproduction or republication without written permission.
BACKボタン
NEXTボタン