伊奈川軽便軌道地図,トロッコ軌道map,大桑村,木曽路
10
起点ー木曽工場
伊奈川軽便軌道,トロッコ道,廃線跡,第一支線,IHIターボ第一工場,関西電力橋場発電所
前ページの水圧鉄管直後から木曽工場方を見る。フェンスの右側は橋場発電所の敷地。
2011年5月上旬撮影
11
木曽工場
伊奈川軽便軌道,トロッコ道,廃線跡,第一支線,IHIターボ第一工場,終点
上写真の数歩先。ココから先はIHIターボの敷地のようなので、立ち入りはご遠慮した。ちなみに“第3工場”まであるようです。ココは“第1工場”。
2011年5月上旬撮影
12
木曽工場
伊奈川軽便軌道,トロッコ道,廃線跡,第一支線,IHIターボ第一工場,敷地
上写真から須原方を見る。すでにIHIターボの敷地内でしたら、許して下さい。二度と入りません。
2011年5月上旬撮影
13
木曽工場
伊奈川軽便軌道,トロッコ道,廃線跡,第一支線,IHIターボ木曽第一工場,橋場部落写真集
軌道台帳(平面図)と照らし合わせてみると、こんな感じです。
「橋場部落写真集」より接写転載加工
14
木曽工場
伊奈川軽便軌道,トロッコ道,廃線跡,第一支線,IHIターボ木曽第一工場,橋場部落写真集
終端部付近を伊奈川対岸より望む。手前(川端)にトロッコ軌道の桟橋が見える。

工場は1920(大正9)年6月14日の火災で全焼しているので、復旧に合わせて軌道の付け替えも行ったんじゃないかと思う。
この写真はおそらく、1920(大正9)年6月14日以前のモノ。つまり、木曽興業株式会社か中央製紙株式会社の時代。
「橋場部落写真集」より接写転載
15
木曽工場
伊奈川軽便軌道,トロッコ道,廃線跡,第1支線,IHIターボ木曽第1工場,終端部
上写真とほぼ同位置。
2018年4月下旬撮影
16
木曽工場
伊奈川軽便軌道,廃線跡,第1支線,IHIターボ木曽第1工場,終点,トロッコ軌道
望遠。車の止まっているトコが終端部と思われる。
2018年4月下旬撮影
★ 木曽工場の変貌
01)木曽興業株式会社工場
02)中央製紙株式会社木曽工場
03)樺太工業株式会社木曽工場
04)伊那川電力株式会社(現在の関西電力橋場発電所の敷地)
05)株式会社蘇水社(木曽製糸会社)
06)鐘ケ淵紡績株式会社木曽工場
07)石川島芝浦タービン株式会社木曽工場(戦時中は軍需品を生産)
08)石川島芝浦精機株式会社木曽工場
09)石川島播磨重工業株式会社
10)石川島汎用機械株式会社
11)株式会社IHIターボ木曽第一工場 ←今ココ

野尻森林鉄道の章に登場の“野尻の古参兵殿”は戦時中、学徒勤労動員としてこの工場で働いていたという。ただ、何を造っていたかは覚えていませんでした。(2010年ころ聞き取り)
------- 伊奈川軽便軌道第一支線 END -------
伊奈川軽便軌道路線図

Copyright©2000-2019 Taro.B, All Rights Reserved.
HOMEボタン
INDEXボタン
BACKボタン
NEXTボタン