小坂森林鉄道・濁河下部線(追分ー倉ヶ平)/ 濁河林道 鉄2
小坂森林鉄道濁河線路線図
01
追分停車場
小坂森林鉄道濁河線「追分停車場」
当線の起工は1939(昭和14)年9月で、竣工は1941(昭和16)年12月。下部線(追分ー倉ヶ平)の廃止は椹谷線と同じで1959(昭和34)年。
ごく稀にだが、お隣王滝村の“濁川線”とごちゃになるトキがある。

以下は、当線(上部線も含む)の建設当初のスペック
延長:10.521M ※濁河索道除く
幅員:2M
軌條:8KG/M
勾配(平均):30‰
勾配(最急):50‰
最小半径:10M
道床厚:12CM
建設費:350,347円
2008年4月下旬撮影
02
追分停車場
小坂森林鉄道濁河線「追分停車場」
上写真の数歩先。椹谷線(別章)は直進だが、当線は左にカーブ。また、当線の起点はこの辺り。
2003年4月下旬撮影
03
追分停車場
小坂森林鉄道濁河線「追分停車場」
上写真の数歩先。
2008年4月下旬撮影
04
追分停車場《第1号橋梁》
小坂森林鉄道濁河線「第1号橋梁」
上写真の数歩先。すぐ椹谷を渡る。起点から24M。
2008年4月下旬撮影
05
追分停車場《第1号橋梁》
小坂森林鉄道濁河線「第1号橋梁」
別角度から。
2009年5月上旬撮影
06
追分停車場《第1号橋梁》
小坂森林鉄道濁河線「第1号橋梁」
上写真から構内を見る。
2008年4月下旬撮影

当サイトに掲載の画像・文章の無断複製及び転載、引用は固くお断り。
Copyright©2000-2015 Taro Bouzuiwa, All Rights Reserved.

No reproduction or republication without written permission.
INDEXボタン
NEXTボタン